May 7, 2018

古民家シネマ「THE READINGS」上映会

風楽でも上映した「蘇生」や「祈り」など今を生きる私たちに大切なメッセージを届け続けてくれる白鳥晢監督の最新作「リーディング」を上映します。
古民家シネマで上映する作品は全て私自身が事前に観て、ぜひみなさんにおすすめしたいという作品だけを上映してきました。
製作当時からこの作品は気になっていて、都内での上映が決まったら真っ先に観に行こうと映画館に行ったはいいが、館内のキャパに収容できない観客が集まり、結局、事前に観るタイミングを逃してしまいました。
なので、1日でも早く観たくて、自主上映の申し込みが解禁になった5月7日、朝一番に申し込みをし、上映の確約が取れました。

輪廻転生、霊性進化論、代替医療、アトランティス神話、UFO、ヨガ、瞑想、神智学などケーシーのリーディングはニューエイジの思想に大きな影響を与えました。
20世紀に「奇跡の人」とも言われたエドガー・ケーシーが遺した「人は何のために生きるのか?」という永遠のテーマをみなさんと一緒に考えていく機会になったら嬉しいです。
終わった後にシェアタイムを設けていますので、お時間のある方、一緒にお話しできたら嬉しいです。

□日時:5月27日(日) 17:00開場・18:00上映
□参加費:1500円(小・中学生1000円)
□申し込み:お電話かメールでどうぞ。
     furaorganic@gmail.com 0476−36−1960

<Story>
「ホリスティック医学(全体的医療)の原点といわれるエドガー・ケイシーは、催眠状態に入ると相手がどこにいても、その肉体を透視し、病気の原因やその治療法を的確にリーディングする(述べる)ことができた。
彼がリーディング中に語るその知識は医学のみならず、たとえ宇宙についての質問でも答えることが出来たと言う。いったいこの驚くべき才能はどの様に生まれ、培われたのか。神はなぜこの不思議な能力をケイシーに託したのか?!
現代人の抱える病をモチーフにし、日本エドガー・ケイシーセンター会長の光田秀氏らとともに、ケイシーの半生と彼が遺したリーディングの謎に迫っていく」(公式サイトより)

映画「THE READING」公式サイト(2017年作品・96分)
http://officetetsushiratori.com/readings/index.html
©株式会社OFFICE TETSU SHIRATORI

Posted in イベント情報Comments Closed 

関連記事