Nov 12, 2021

<満員御礼>アースオーブンでsourdoughのパンを焼こう!

sourdough(サワードウ:サワー種)とは小麦やライ麦の粉と水を混ぜてつくる生地に、乳酸菌と酵母を主体に複数の微生物を共培養させた伝統的なパン種のこと。
このsourdoughを中心に美味しいパンを数量限定で焼いているBread House Nestの益田幸美さん。
風楽でも無農薬紅玉で作るアップルパイやタルトタタンのお教室をやっていただき大人気でした。昨年の春。
風楽の裏納屋でアースオーブンを作るワークショップを開催しました。
幸美さんも参加していただいたので、このアースオーブンで、いつか幸美さんのsourdoughパンのワークショップをやりたいと思っていました。


sourdoughパンの材料は小麦と塩と水だけ。
酵母も小麦と水のみから起こすシンプルなパンです。
でも相手は生き物。
酵母のコンディションや使う素材、そして作る人の思いや常在菌などで味は変化していきます。
シンプルだけに奥深く、果てしない探究が広がるパンと言えるかもしれません。その特徴はバクテリアによって生み出される乳酸菌によるかすかな酸味があります。これが長く新鮮さを保つ働きをしてくれます。
また乳酸菌からつくられた乳酸がビタミンやミネラルの吸収を妨げるフィチン酸を中和させるため、ビタミンやミネラルの栄養を身体に取りこむことができます。
さらに血糖値の上昇を引き起こすブドウ糖が発酵段階でかなり分解されるので、市販のパンを控えている人でもsourdoughのパンなら・・・とファンが多いです。そんなsourdoughを心から愛しboulangerieになった今もなお探求の旅を続けている幸美さん。
4時間の単発WSではその全てをお伝えすることはとてもできませんが、sourdoughの魅力を知っていただけたらと思っています。


 ◆◇ 内容 ◆◇
あらかじめ起こしてきていただいたsourdough のパン種を使って、country breadの生地を仕込み、成形まで皆さんと一緒にします。

アースオーブンでは講師が前日成形し、12時間冷蔵発酵させたものを焼成します。薪をくべて焼くのでオーブンに入れたらおしまい・・・ではなく、火の加減を見守りながら、パンが焼けるまでの間に、sourdough スターター酵母の起こし方を説明していただきます。
種だけでも作るのに1週間前後かかるので、その後、興味を持たれた方は書籍などを参考にご自身でsourdough探求の旅を続けていってくださいね。(参考書籍をご紹介していただけます)。

パンが焼けたら、熱々のスープとグリル野菜を囲んでお庭で焼きたてパンのランチタイムを楽しみましょう!

sourdoughスターター(パン種、ルヴァンの元)を使ったお菓子をお持ち帰りいただけます。

※酵母の起こし方はご説明のみになります。起こすのに大体5日〜1週間かかるので、4時間弱の講習ではその様子を体験することはできません。

*アースオーブンを囲んで納屋で過ごすので防寒対策など各自でお願いします。


 ◇日時:2021年1月24日(月)
10:00〜14:00

◇参加費:5500円(ランチ・お土産付)

◇お申し込み:メールでどうぞ。furaorganic@gmail.com

◇講師:Bread House Nest代表益田幸美

@幸美さんよりメッセージ
「Sourdough Breadはシンプルですが、自由度が効く分、つくりて自身の個性がでるパンです。
今回の講習はその流れをご理解いただくことをメインに行います。
作り方が合う人と合わない人がいるかもしれませんが、もし合う方がいらっしゃれば、きっとそれから先、とても素敵なことが待っています。
その入り口になれたら、とても嬉しいですドライイーストのように、早く結果は出ません。
時間をかけてSourdough Journeyを気長に楽しみたいという方のみご参加くださいませ」

Posted in イベント情報(新風楽)Comments Closed 

関連記事