Oct 8, 2020

初めてのスパイス料理 入門編

スパイスを使って野菜を美味しく食べたいなあと思っていても、使い方がよくわからず、結局は買ってもそのまま残っている・・・という方が意外と多いかもしれません。私がスパイスを本格的に使うようになったのは風楽のレストラン部門がオープンした時、ダルカレーを仕込むようになってからです。
最初は市販のスパイスが一つずつ袋詰めになっているスパイスカレーセットを使って見よう見まねで作りました。そのうち、もっと本格的に作りたいと思うようになって、スパイスを単品で買うようになり、カレー関係の本を読みあさっていきました。
そのうち、油とスパイスの相性の良さを知り、「香りを立たせる」作り方を追求したり、他の調味料を加えたりすることで、オリジナルの味を確立できました。
その結果、風楽のカレーは美味しいね〜と今でもたくさんの方に言っていただけるようになりました。スリランカやインドのミールスやネパールカレーなど、風楽でもお教室をやったり、個人的に教えていただいたりしましたが、結局、日本人の私は、それぞれをミックスした食べやすい無国籍なカレー?を作っているような気がします。
スパイスを上手に使えば野菜がとても美味しくなります。
でも使い方を間違えると、香りが強すぎて食べられないこともある・・・。またスパイスを何種類か組み合わせることで、美味しさのバリエーションが果てしなく広がります。でも、難しいことは置いておいて、まずは身近なスパイスの使い方の入門講座をやってみようと思います。
今回は特にマスタードシードとクミンシード、ターメリックを中心に使い、さらに他のスパイスも組み合わせて、料理を作っていく予定です。まずは風楽のキッチンでも大活躍している手作り粒マスタードをみんなで仕込んでお持ち帰りしていただきます。
そして粒マスタードをたっぷり入れたドレッシングを作りましょう。そのあとは、一つの鍋で作る「カレー」ではなく、野菜の特性に合わせたスパイス料理を6種類ほど作る予定です。全く別々の料理ですが、それぞれをご飯に乗せて合わせても美味しくいただけるお料理です。<メニュー例>
マスタードシードを入れたおからサラダ
ゴーヤのココナッツミルク炒め
ナスのタマリンド炒め
じゃがいものターメリック炒め
ひよこ豆とクミンのトマト煮
カブのマスタードシード炒め
*それぞれの国の正式な料理の名前があるのですが、あえて、日本語で表記させていただきます。

■日時:10月22日(木)
    昼の部10:00〜13:00
    夜の部18:00〜21:00

■参加費:4500円  
(お食事・マスタードシード小瓶入り・お土産料理付き)

■申し込み:メッセージでどうぞ。furaorganic@gmail.com
*デモンストレーションの形になります。

Posted in イベント情報(新風楽)Comments Closed 

関連記事