Sep 9, 2020

金継ぎアトリエの会 in風楽

金継ぎをご存知ですか?
割れたり、欠けたりした陶磁器を修復する日本の伝統的な技法です。
茶の湯の盛んだった安土桃山時代から始まったと言われていますが、世界でも割れた器を繕って再び使うという文化は日本独自のものだとか。
漆を使って欠けた部分を繕い、金粉を蒔いて仕上げるのですが、今までは気になっていた割れ面や継ぎ目が、金継ぎによってまるで新たな模様のようになるから不思議です。
それを「景色」と名付け、今まで以上に大切に愛でたという日本人の美意識ってとっても素敵ですね。

ところがこの金継ぎ。
本格的にやるにはかなりの時間と手間がかかります。
そして漆はとてもかぶれやすいのです。
そんな難点をクリアして、2時間ちょっとでできるふぐ印の「新うるし」を使用した手軽に楽しめる金継ぎアトリエを風楽で開催します。
器が大好きな(そして何にり日常使いの激しさ故に欠けた器が多い)私にはもうたまらない企画です。

この新うるしを使えば、かぶれの心配もなく誰でも簡単に金継ぎができるそうです。
簡易的な修繕といっても出来上がりはとっても素敵。
指導してくださるのは館山の海の見えるアトリエで「マザーズタッチ」を主宰されているサハラ文子さん。
オリジナル金継ぎWCだけでなく、着物や古布をアップサイクルしてオリジナル小物などをネット販売されています。
そのセンスと素敵なシニア世代の生き方に魅了されているファンも多いです。

お家にある欠けてしまった器たちを持ち寄って、文子さんとおしゃべりしながら、小さく手を動かして器たちを一つ一つ甦らせていく、秋のひとときをご一緒しましょう。

◻︎日時:10月14日(水) 10:00〜13:30
◻︎参加費:5500円(ランチ・金継ぎ指導+材料費)
◻︎講師:サハラ文子(マザーズタッチ代表)
「継いで、繋ないで、接なげていく」をテーマに活動しているアーティスト。マザーズタッチ代表。
*金継ぎに必要な道具や材料は全てご用意しています。
*ご希望の方にはお家でもできる材料と道具をセットにした金継ぎキットをお帰りの際、販売します(2500円)
*お家にある欠けた器を3〜5個お持ちください。
*欠けた器がいっぱいあるので、ランチを食べた後、もう少しやりたい!という方は+2000円(3時のおやつ付)で残業?もできます(ティータイム後、終了となります)。
*電車の方はJR安食駅まで送迎します(9時30分待ち合わせ)
◻︎申し込み: 風楽へメールでどうぞ。
      furaorganic@gmail.com

Posted in イベント情報(新風楽)Comments Closed 

関連記事