魔法のメガネ屋さんのお話〜豊福厚至さんをお迎えして

Jan 18, 2024

メディアに登場することもないのに、日本だけでなく海外からもたくさんのお客様がやってくるメガネ屋さん。
「ここでメガネを作りたい!」と何ヶ月も予約を待って作ってもらうメガネ屋さん。
ここで作ったメガネをかけたら目が良くなる?メガネ屋さん。
佐倉市にある豊福さんはそんな魔法のメガネ屋さんです。

スマホやパソコンで目を酷使することが多く、目の悩みの多い現代人ですが、本当に自分に合ったメガネをかけている人はごくわずか。
ほとんどの人が必要以上に視力をあげて「見えている」状態になっていますが、それが頭痛や肩こり、脳の病気を引き起こす原因にもなっているそうです。
豊福さんでは親子4代90年あまり、たくさんのお客様の目を丁寧に見つめてきました。
そのお仕事は「目と心と体の眼鏡合わせ」。
目は露出した脳の一部と言われています。
豊福さんでは目と脳に負担をかけてハッキリ見えるようになることよりも、楽に見えることを大切にした眼鏡作りをされています。
その結果、目への負担がとても少なく、世界の見え方や自分の感覚さえも変わっていくようです。

私も豊福さんでこれまで2回、メガネを作らせていただきました。
予約が取れるまでに数ヶ月。
検査もマンツーマンで2時間ほど。
店内はいつも綺麗に履き清められ、とても気が整っているお店です。
今まで行っていたメガネスーパーとは全然違う雰囲気でした。
私は使っていたメガネを3本、持参したのですが、なんとただ見えすぎるだけで、どれも合ってない!?ということでした。
実はメガネをかけるととても疲れるので、私はなるべくかけないようにしていたのです。
検眼し、私のモノの見方の癖?や目の使い方の特徴?などのお話を伺いながら、ご提示いただいたメガネをかけた時、あれ?思ったより見えないかも・・・というのが正直な最初の感想でした。
やがてそのメガネを愛用するようになるのですが、いつのまにか長くかけていても疲れず、快適に過ごせる相棒になっていきました。
今、振り返ると小一時間ほどで作った安売りスーパーのメガネは、随分と私の目と脳を緊張させていたのでしょう。
メガネをかけているのに体が楽になるなんて・・・。

風楽のお客様にも豊福さんのメガネを愛用されている方がたくさんいらっしゃいます。
私もたくさんの方にご紹介させていただきました。
今まで職業病と思っていた肩こりが楽になったという方や、まじめにかけ続けていたらいつのまにか視力があがったという方もいらっしゃいます。
たかがメガネ。
されどメガネ。
メガネ一つ変えるだけで、こんなに人生が変わってしまうなんて不思議ですね。

「ひとが生きていく上で、すべての入力情報の80%を占めると言われる眼は、単にものを見分けるだけではなく、自分の精神世界と、外の現実世界を結ぶ「窓口」と言えるでしょうが、メガネはその窓口のはたらきを助けるツールに過ぎません。
ですから眼鏡屋としての私たちの願いは主役のあなたに楽にツールをお使いいただいて、本来の眼をとり戻して、それぞれの世界をのびのびと歩いていただくことだけです」(『魔法のメガネ屋の秘」より)

そんな「眼鏡職人」とも言える豊福厚至さんと三男の珠里さんをお招きして、眼と眼鏡の話をいろいろお聞きする会を開きます。
今回、風楽で開催するのは2回目。
前回のお話会の後、メガネを作りに行かれた方も何人かいらっしゃいます。
どの方も快適に過ごされているようで嬉しい限り。
私も2回目のメガネを作って、より快適な状態になり、今ではすっかりメガネも顔の一部になっています(笑)。

時流に流されることなく、本当に眼(命)のことを考え、丁寧に一つ一つ作り続けている豊福さんのメガネ。
成田の隣りの佐倉市にそんなメガネ屋さんがある!!
まだ知らない方にはぜひ出会って欲しいです。
よかったらどうぞご参加ください。

◇日時:2月21日(水)
10:00〜13:00
10:00〜11:00 眼鏡の話
11:00〜11:45 質問タイム
休憩
12:00〜13:00 
ヴーガンランチ交流会
◇参加費:3500円 (お話・ヴーガンランチ付き)
◇申し込み:furaorganic@gmail.com へ
     *お名前とご連絡先を明記の上ご予約ください。

<眼鏡のとよふく>
千葉県佐倉市にある眼鏡専門店。よく見えればいいという視力優先のメガネではなく、高度な検査技術をもとに目や脳、からだに負担をかけない視覚を向上させるメガネ作りと「楽な見方をする」ための生活を総合的に提案している。
https://www.toyofukuoptic.co.jp/index.html
豊福厚至さんは前代表。「魔法のメガネ屋の秘密」(早川さや香著・集英社)監修。「はがき道」実践者。

Posted in イベント情報Comments Closed 

関連記事