Sep 1, 2016

谷田学の陰陽五行セミナー 基本編&中級編

IMG_3362<陰陽五行セミナー 基礎編&中級編 in 風楽 >
▪️日時
基本編 平成28年10月11日(火)10時~17時30分
中級編      10月12日(水)10時〜17時30分
 ※昼休憩1時間含む
▪️講師
 谷田学 谷田鍼灸院代表
http://ameblo.jp/389navi/themeentrylist-10055569378.html2.
▪️場所
古民家空間風楽
成田市大室750
0476−36−1960
JR・京成成田駅より車15分 駐車場有
*京成成田駅東口よりコミュニテイバス大室循環9:34
大室青年館下車徒歩2分
*ご希望の方は9時15分に成田駅まで車を出す予定なので必要な方は申し込み時に
お知らせください。
*講座終了後は成田駅まで送迎します。
▪️定員  15名
▪️参加費
基本編・中級編 各15,000円
他の開催地も含め、再受講の方は10.000円

*オーガニックお弁当1000円でご用意します。ご希望の方はご予約ください。

▪️基本編 内容 より進化した講座になっているのでお楽しみに!
(1)この世はどうやってできたのか?
  →なぜ、日本人は『八百万の神』なのか?
(2)易に学ぶこの世の法則
 →なぜ、かわいい子には旅をさせるのか?
(3)陰陽を学ぶと使える5つの法則
 ①第1・3法則 一極に偏るほど水面下で対極も大きくなる
 →なぜ、高所恐怖症の人は足がすくむのに下を見るのか?
 ②第2法則 この世はフラクタル
 →なぜ、回覧板を手渡しすると領土問題が解決するのか?
 ③第3法則 相対的であるものは相補的でもある
 →なぜ、銭形警部はいつまでも元気なのか?
 ④第4・5法則 陽極まれば陰となる
 →なぜ、高田純次は鬱にならないのか?
(4)陰陽のなかに陰陽あり
 →なぜ、燃え盛る炎にも陰があるのか?
(5)陰陽から五行へ
  →なぜ、陰(金、水)と陽(木、火)に土が加わったのか?
(6)土が持つ裏の顔
 →なぜ、季節の変わり目に「ご自愛ください」なのか?
(7)土は旺じない
 →なぜ、「木火金水土」ではなく、「木火土金水」なのか?
(8)象が形をつくる
 →なぜ、東洋哲学には「象」が頻繁に登場するのか?

▪️中級編 本邦初公開!基本編をより変化させ陰陽五行を日常生活に落とし込んで実践していく講座です。
     内容についてはお楽しみに!

▪️申込方法
お名前とご連絡先、初めての参加かどうか、お弁当の有無を記入の上、川端へメッセージまたはinfo@fura-organic.comへメールをお願いします。
ご質問などもありましたら遠慮なくどうぞ!
DSC_0080

Posted in イベント情報Comments Closed 

関連記事